「海の森」とは?  −1.「海の森」プロジェクト−

東京湾に浮かぶ、ごみと建設発生土で埋め立てられた中央防波堤内側埋立地。この、高さ30メートルにおよぶごみの山に苗木を植え、美しい森に生まれ変わらせる計画が「海の森」プロジェクトです。苗木は、市民の皆様と民間企業からの募金によって購入するほか、小学生や苗木づくりボランティアの方々がドングリから育てています。
この埋立地は、昭和48年から昭和62年にかけて1,230
万トンのごみによって造成し、リサイクル土や建設発生土などで表面に層を形成しています。
面積は、約88ヘクタール(日比谷公園の約5.5倍)。
スダジイ、タブノキ等の苗木を48万本植樹する計画です。海から都心に向かう風の道の起点になるとともに、CO2を吸収して、地球温暖化を防ぎます。
★海の森のリーフレットのダウンロードはこちらから★



2 都心に向かう風の道 >>

戻る